■無線綴り製本 

会社案内・パンフレットなどにおすすめ

 

 

 

中綴じ製本は用紙を二つ折りにし、その背の部分を針金で綴じる製本方法です。ページもののパンフレットや会社案内などをイメージしていただけるとよいでしょう。

中綴じ製本の長所は、開くとほぼ完全にフラットになるということです。

このため大きな写真・イラストを見開きで掲載することができ、仕上がりの倍寸の印刷物として使用できます。

一般的なパンフレットのサイズはA4またはB5ですが、それぞれ倍寸のA3、B4になるとビジュアルの迫力がまるで違ってきます。なお、用紙を折ることで印刷物に厚みと強さが加わり、持ち運びやすいのも中綴じ製本のメリットでしょう。

 

中綴じ製本の特徴と効果的な使い方

見開き写真がフラットに見やすい中綴じ製本

中綴じ製本は二つ折りにした紙の折り目を針金で綴じる製本方式です。比較的ページ数の少ない雑誌や週刊誌、小冊子などに多くみられます。ページ数が厚くなりすぎるとのどの部分が膨らんで本の形が崩れるといった問題もありますが、少ページの印刷物であれば見開き写真がフラットに見やすい・コストが安いといったメリットがあります。

 

中綴じ製本の注意点

 

 

紙を重ねるという構造上、ページ数が多くなったり紙が厚くなってくると、どうしても小口側(綴じる部分の反対側)にずれが生じてしまいます。これを避けるために、ノド側(綴じる部分)のデータ位置をずらして小口側を揃える処理を行うことがあり、これをクリープ処理と呼びます。

 

冊子にインデックスなどがある場合、小口側の絵柄を優先するためにクリープ処理を行い、逆にノド側に絵柄などがある場合にはそれらのずれを防ぐためにクリープ処理は行いません。

小口側・ノド側のデータ上にある絵柄は、ある程度切れてしまう恐れがあります。必要な絵柄や文字などは仕上がり位置より4~5mm以上内側に配置していただくようお願いします。

 

当社は、製本のみの受注も可能です。※事前のお打ち合わせが必要になります